痛くない脱毛方法は?痛いのは避けたい!肌のメカニズム

色々なクリニックに行くと中には痛みが生じてしまうことで中々続かないという人もいるかもしれません。肌の感覚や敏感な人はやっぱり少しの刺激でもその痛さが苦痛になっちゃう方もいると思います。

楽天やAmazonの通販で販売されいる脱毛器。美容クリニック、医療クリニックでの脱毛でも…痛みに関して色々経験されている人も多いです。

痛みをどうして感じるの?どうした人が感じやすいの?
詳しく解説していきます。

痛みを感じやすい人の傾向は??

毛が太い人、濃い人。日焼けなどで肌が黒い人

脱毛の仕組みからメラニン色素に反応し、毛根にダメージを与え脱毛するということから範囲が強くなってしまうため痛みを感じる人もいます。よく通信販売でも言われる黒い部分に反応して照射される!と耳にしたことがあるかもしれないですが、黒い部分の範囲が広いとどうしても避けられない部分がでてきます。

敏感肌の人や乾燥肌の人

外部の刺激に弱い人はもしかしたら痛みを過度に感じる人もいらっしゃるかもしれません。乾燥肌の人は、施術前にきちんと保湿を行うことで避けることもできます。

痛いのが嫌な人は、市販の脱毛器であればフラッシュ式と呼ばれる光脱毛のもの。お店に行く場合は医療資格が必要のない美容クリニックがおすすめです。

医療クリニックはレーザー式と呼ばれる方式で、効果は非常に高く望める反面、実際に両方、脱毛クリニックに通った人の目線だと、痛みは圧倒的にレーザー式の方があるそうです。口コミなどを見てもやはり医療クリニックの効果を感じながらも、痛いとおっしゃる方も多いようです。(※個人差はあります)

痛みの感じやすい部位は??

テレビCMでも言われているVIO(Vライン、Iライン、Oライン)の略式名称。陰部に近い場所は痛みを感じる人が格段に増えます。冬ならまだごまかしがききますが、夏場にプールや海に行く人は、避けては通れない部分ですね。

顔部分だと、眉毛のまわり、鼻の下。皮膚が比較的薄い部分。足の指、脇の下。人によって個人差はもちろんあるのですが、皆様が痛いと思う部位は上記の箇所が多いみたいです。

まとめ

痛みを感じやすい人は効果がどのように出るかは別として…美容エステ(ミュゼ等)、フラッシュ式を中心として脱毛を行ってくれる場所がおすすめかもしれません。毛質にもよりますが、何より一定回数行わないと効果が見えにくいものなので、無理はせず通える(脱毛器であれば負担なく使える)環境が一番です。