【実体験レポート使用13回目~14回目】家庭用レーザー脱毛器トリア

家庭用レーザー脱毛器トリアを購入し、使用13回目~14回目の実体験レポートです!いつも通り感じたままを写真付きでレポートしていきますね。脱毛中の肌の状態や、使い方で気を付けた方が良いポイントなどもお話しします。2019年2月~4月に照射しています。

画像引用元:トリア公式サイト

トリアで脱毛13回目

照射部位 照射回数
1日目 右腕、指、脇 725回
2日目 左腕、指、脇 713回
3日目 左脚、膝、太もも少し 721回
4日目 右脚、膝、太もも少し 728回
5日目 胸、お腹周辺、デコルテ 725回

今回は腕や脚、デコルテからお腹にかけてを5日に分けて照射しました。トリアの使用方法に従って次回照射まで1ヶ月あけます。1か月後の状態は次の様な結果に。

脱毛サロンの客

13回目の照射から1ヵ月後の状態


毛が以前に比べて細くなってきたかな?という印象はありますが、まだまだ毛穴は沢山ありますね~

トリアで脱毛14回目

照射部位 照射回数
1日目 左腕、指 712回
2日目 右腕、指 705回
3日目 脇、胸、腹 716回
右脚、膝 726回
4日目 左脚、膝 678回
5日目 右太もも 661回
6日目 左太もも 723回
7日目 左右脚 699回

4日の左脚と膝を照射時に急用で途中で中断したため、7日目に改めて追加照射しました。

脱毛サロンの客

14回目の照射から1ヵ月後の状態



結論から言うと、前回までと比べて、特に大きな変化は有りません。1ヶ月放置だとやはり毛がしっかり伸びているのを感じるため、2週間周期に戻そうかとも考えつつも様子見でしばらく1ヶ月毎に。しっかり生えてくるものの毛の太さが以前に比べ産毛に近い印象のものへ変化しつつあるのかなという印象です。産毛になってくるとレーザーが反応しにくく、効果も薄くなってきてしまいます。反応し難くても、照射しないよりは続けていればダメージは与え続けられるのだとは思いますが・・・気長にと毎度のように思ってはいるものの・・・どの位の期間を必要とするのか、効果を部位毎の回数や効果をまとめるのはもう少し先の話になりそうです。

トリアで脱毛13~14回目の使用感について

室温8~14℃程度の場合、照射し始めて60~90回くらいまでは冷却ファンが回らず、回り始めてもする止まる印象。

12回目の際に使用中に電源が落ちた為、どうなるか心配していましたが、問題なく使用できました!もしかすると12回目の際は暖房の所為だったのかも知れません。普段照射の際は暖房は使用しないか、使用しても距離をとっているのですが、、12回目の時は器具を少し暖房に近い場所に向けることがあったかも・・・。個人的な憶測でしか有りませんが、通常のファンの回り方から考えても、熱が籠もらないように気を付け、涼しい環境の方が機械は調子よく動くようです。使用の際はちょっと寒くても暖房の熱が直接当たるような場所は控えた方が良いかも知れません。

脱毛中のお肌のお手入れについて

既にご存知かと思いますが、照射を行う際は、基本的にしっかり体に付いた化粧水や乳液を落とす必要があります。そうしないと毛穴が目詰まりを起こして、光がしっかり毛根に届かないことがあるからです。ですから入念に石けん(ボディソープ)で洗うわけですが、季節によってはとにかく肌が乾燥しやすい・・・本当なら洗った後すぐに化粧水などでお手入れしたいのですが、その前に照射を始める必要があります。すると、ちょっと肌の奥がピリッとすると言うか、突っ張るような感覚が今までより多く感じられる様な気がしました。私自身が普段あまり痛さを感じない分、痛さを感じると、効果が毛根に届いている証拠!?という気持ちにもなるのですが、多分肌が敏感になっているからでは無いかと・・・。

以前(9回目を行う前)右脚側面に赤いポツポツが出来たことがありました。原因としては、トリアの所為というよりは、カミソリ負けと乾燥によるものだったのですが、その後、目立つほどの赤さは無いにしても、たまに毛穴が炎症起こしている場合があるので、照射を控えていることもあります。毛を伸ばしている期間は、赤いポツポツを治す塗り薬も使用し始めました。冬は乾燥しやすく、春先は花粉症などで自律神経も乱れやすいです。その上に更に照射を行い、肌に熱を加えるので、肌のお手入れは必須です。照射直後だけで無く、日常的な肌のお手入れは入念に行い、照射の際の肌のコンディションを整えるようにすると、照射の際の痛みを軽減できたり、トラブルも起こしにくいのでは無いかと思います。

背中のお手入れについて

背中に関しては12回目の際に1度家族にやってもらったきり放置しています。さすがに一回では特に変化は無く、むしろ剃った所為で手触り的には行う前より沢山フサフサしている感触が・・・。照射を行う以前は、襟足は剃ることもあったのですが、背中の大部分は一切剃ったりせず、除毛タオルなどで軽くお手入れする程度でした。

今はシェーバーで剃った分の毛が伸びてきているので増えたように感じていますが、生え替わり周期で抜けて、自然な細い毛先の毛が生えてくれば元に戻ると思いたい・・・。

そんなに大きく背中を見せることはありませんが、やはりちらっとのぞいた肩や背中の部分の毛が濃いのは嫌なので、今後どうするか悩ましいところです。

脱毛サロンの客

毛を剃るタイミングと長さについて補足

既にご存知かと思いますが、レーザー脱毛を行う際、毛が伸びたままでは火傷や肌荒れの原因になるため、照射前には剃る必要が有るわけですが、いつ剃るのが良いのでしょうか?また適正な長さはあるのでしょうか?

照射の1~2日前を目安に

シェービングを行うタイミングは、照射の直前ではなく、1~2日前を目安にすると良いようです。というのも、むだ毛の処理をすると、電気シェーバーでも肌には細かな傷が付いてしまうことがあります。カミソリを使用している場合は表皮を削っていることもありますので、その状態で、レーザーを照射してしまうと、痛みを感じ易かったり、赤みが出てしまうことも。そういった肌トラブルを極力避けるためにも、照射とシェーバーで剃毛する期間を空ける様に心掛けましょう。

毛の長さはあっても良いのか?

数日空けてしまうと、毛がすぐにチクチクし出すけどそれでも良いの?と思う方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

サロンのサイトなどを調べてみると、その多くは、施術の許容範囲が1~2㎜程度のところが多いようです。それ以上は、折角予約して行っても施術不可となってしまうことも。つまり、照射前の毛の状態は、出来るだけツルツルの方が良いが、肌への負担を考慮し数日空けた方が良い。1~2㎜程度は伸びていてOK。ということなので、3日前くらいですと伸びすぎてしまう可能性も考えられます。毛の伸び方は人それぞれなので、程よいタイミングを見つけ、剃るようにしましょう。

また、表面からはみ出過ぎていると、そちらにレーザーが反応して、本来当てたい内部の毛母細胞のある部分までしっかり届かずに、本来の効果が十分得られない可能性があります。結果、照射回数が増えたり、効果が感じにくく別の方法を検討することになるかも知れません。まずは正しく行えているかどうか見直してみましょう。