【実体験レポート】家庭用レーザー脱毛器トリアの良いとこ悪いとこ全部!

今まで脱毛サロンに1度も通ったことがない女子が、実際に家庭用レーザー脱毛器トリアを購入し使ってみた実体験を細かくレポートしているページです!まずは、トリアに決めた経緯から、購入にあたっての注意点を細か~く書きます!これからお店通いと自宅処理どちらにするか迷っている方、トリアを購入しようかどうか迷っている方の参考になれば幸いです。

私が家庭用脱毛機器を選んだ理由

皆さんそれぞれに理由をお持ちかと思いますが、私の主な理由は二つ。

一番はとにかく他人に触られたくない、見られたくないから。
その為、脱毛に興味はあるけれどなかなか行く気にはなれませんでした。

二番目は、お金と時間がかかる点に不安があったから。
家庭用機器より高額になるのは当然なのですが、予定に無かった事もプランに盛り込んで気付いたら予算を大幅にオーバーしているなんてこともあるのでは?

また自分のスケジュールに加え、毛の生え替わりの周期とお店の予約状況を加味して次の予約を取らなくてはならないので思うようには通えない可能性が高いのでは?と考えました。

聞いた話やWebで調べた話を総合すると、大体1ヶ月毎に通えれば良い方で、実際には予約待ちで2,3ヶ月後になる事も有る様子。毛の濃さや店舗によるところも大きいものの、最低でも1年以上状態によって2~3年は通う覚悟が必要そう。

調べるほど逆に、どれだけのお金と時間が掛かるのか予測できず、果てしない気がしてきてしまいました・・・私がとても心配症だからかも知れませんが、不安が募るばかり・・・。

そこで光脱毛に比べて効果が高い医療レーザー脱毛、それの家庭用に出力を抑えた機器としてトリアに注目しました。
当然ながら購入価格ははっきりしており、公式SHOPで購入すれば30日間返品保証2年間の品質保証が受けられます

自分次第で全身でもやりたいところだけ少しずつでも好きなように処理できます。また、スケジュールに限らず、肌や体調のコンディションによっても気軽に行う日を調整できます。極端な話、3ヶ月後にどうにか予約が取れたのに当日体調が優れなくて予約を取り直し、更に3ヶ月後なんて事にはなりません。

他人に触られるのがとにかく嫌!で、何かと心配性な私にとって、調べれば調べるほど家庭用脱毛器が魅力的に。友達から「光脱毛はなかなか終わらない」と聞いていたのもあり、レーザー脱毛器で断トツの売り上げ1位のトリアが気になり度No1に。とにかく心配な点を洗いざらい調査しました!

脱毛サロン選びのアドバイスをする女性

トリアのお手入れの頻度の目安は?

公式HPや説明書によると、最初の3ヶ月くらいは2週間に1回、それ以降は月1回くらいのケアをオススメされています。

1回目から即座に効果を感じられるものではありません、まずは3ヶ月2週間毎に処理、その後も定期的に継続することが大切なようです。

今日は両脇だけ、明日は指の毛だけ、週末はのんびり両足といったようにエリアを決めて生活のペースに合わせて無理せずケアを続けることが、途中で止めてしまわないコツとも言えるでしょう。

火傷などのリスクは?

自分での処理は、火傷など不測の事態が起こらないかどうか不安もありました。

ですが、基本的には過程で安心して使用できるように出力レベルの下げられた商品です。つまりクリニックよりも弱い出力ということですので、その分火傷のリスクは弱まりますよね。

確かに、サロンやクリニックで看護師さんにケアして貰いながらやるのが安心とも言えますが、それでもトラブルは0%ではないことは事実。

逆に肌がすごく弱くて、出力が弱くないと耐えられない場合、クリニックに通ったら一番弱い出力で照射してもらわないといけないからそれこそ何度も通わなければいけない=回数が増える=お金も掛かると考えました。

であれば、返金保証が30日間あるのだし、まずはトリアで試しても良いのでは?という結論に達したのです。

トリアを購入する場所

トリアは公式HPの他、家電量販店や楽天などでも購入できます。購入場所や時期によって価格やポイント付与率など異なりますので、ご自身に合った所でご購入頂ければ良いかと思います。

私は下記の公式HPにて購入しました!

トリア・パーソナルレーザー脱毛器公式サイト

公式の良いところは30日間の返金保証の他、2年間の品質保証付きなところ!家電量販店や楽天などではメーカー保証は1年間が多いので、安心感が違いますね。

初めてのレーザー脱毛機器ということも有り、交換が必要になった場合などを考慮し、より安心感のある方を選びました。

私の購入時期には丁度15000円引き+専用ジェル1本プレゼントのキャンペーンを行っていました!価格だけであれば、楽天などでポイント付与される方が良い場合もありますが、ジェルも付いてくるなら!こちらだろう!と
どうやら定期的にやっているようなので、キャンペーン時を狙うとお得です。

脱毛器選びのアドバイスをする女性

トリアの寿命について

脱毛器を検討する際、心配性の私が気になったのが器機の寿命。「脱毛が終わらないうちに照射限度に達してしまうのでは?」なんて心配をしていました。

そして、「カードリッジ式の場合途中で追加購入が必要な場合もあるようだけど、トリアの場合は本体一体型だから全て買い換えなければいけなくなってしまうのでは?そうであればカードリッジ式の方が安く済むのでは?」という心配も・・・

なのでしっかり計算してみました!

照射回数に関する記載はありませんが、説明書によると内蔵電池の充電可能回数は約500回とされています。

使用レベルや、使用環境によって機器にかかる負荷が異なると思うのであくまで目安ではありますが、これだけあれば全身を脱毛するには十分です。また、品質保証は購入場所にもよりますが1年~2年あります。つまりその程度の年数使用し続けることを見越して製造されているはず。それを踏まえて計算してみました。

ざっくり私の使用範囲と照らし合わせて考えてみます。

レベル5で約700回の照射を1回として
手の指先、甲、腕、ワキ下までで1回×2回(左右)
足の指先、甲、膝下、膝、太もも半分1回×2回(左右)
顔下、首、デコルテ、胸、お腹周り 1回
背中 1回(行っていない為ので予測です)

として全身6回多くても7回くらいで行えるとします。
気にならなくなるのに1カ所につき10~20回照射が必要と予測するとして、
今回は7回×20回とします。単純計算で140回充電することになると考えられます。

ただし電池を長持ちさせるため為、使用しなくても3ヶ月に1度は充電することが推奨されています。その分のカウントも必要かも知れませんが、定期的に使用し続けている限りはさほど問題なさそうです。

ちなみに、スマホなどでも言える事なのですが、充電した分を使い切らないまま再度充電する、フル充電になる前に使用、使い切る前に再び充電するを繰り返すといった行為は、電池に負荷がかかり寿命を縮める原因となりますので注意しましょう。

2週間に一回または1ヶ月に1回ペースで使用した場合
1年目 3ヶ月間2週間に1回/6回+9ヶ月間1ヶ月に1回/9回 だとして=15回×7回=105回
又は12ヶ月間2週間に1回ペースを続けたとして 26回程度×7回 =182回
2年目 1ヶ月に1回/12回又は2週間に1回/26回程度 ×7回 =84回~182回
合計最大約364回となりますので、500回というのが十分である事が分かりますね!

意外と気になる!トリアの音の大きさに注意!

処理の際に冷却ファンと「ピッ」「プッ」という電子音が鳴るのですが、これが結構大きく感じました。
冷却ファンは小型のドライヤーが出す音に近いです。静音型では無い一般的なドライヤーに比べたら静かと言えますが、見ていたTVの音が聞き取りづらい程度にはうるさいです。
使用レベルと室温が低い場合は照射を止めればしばらくすると止まりますが、熱くなる度ファンが回り出します。レベル5になると処理中は回りっぱなしです。
ボタン押下の他、照射開始の「ピッ」と照射終了の「プッ」、エラーの際は「ブー」という音が処理中ずっと鳴ります。

充電の際にも途中冷却ファンが回り出します。室温が低ければそう長い間回っているわけではありませんが、私は初めて充電した際に突然回り出したのでびっくりしました。

床やテーブルに直に置いていると結構振動音がしますのでタオルなどでワンクッション置くようにすると軽減されますよ。

ボタンを長押しすると充電中にファンが回らないように出来ますので、充電時間は長くなりますが、就寝中に充電しようとお考えの場合はこちらがオススメ。

マンションに一人暮らしの方は特に気にする必要は無いでしょうが、同居人に気付かれたくないという方、家族が寝静まった頃にこっそりやろうとするには少し注意が必要かも知れません。隣の部屋で何かやっていることは確実に分かると思います。壁の薄いアパートにお住まいの方で、いつも隣の家の洗濯機やドライヤーの音が気になるといった場合、真夜中にやるのも気を付けた方が良いかもしれません。

そうはいっても充電の都合上最大でも1回35分程度の話です。さらには極一部を10分程度やろうとお考えの場合であればドライヤーよりは静かなのだから何のことは無いとも言えます。
私が比較的テレビなど控えめな音量で生活している為、気にし過ぎなのかも知れませんが、ひっそりやりたいとお考えの方は頭に入れておいた方が良いポイントではないでしょうか。
私は他の機器を使ったことが無いので比較は出来ませんが、他の機器もそれなりに音がする様です。音の大きさが購入のポイントだ!という方はよく調べてみましょう。

サングラスは必要?トリアの光の強さ

トリアは処理中にサングラスを掛ける必要は有りません。照射口から赤い光が若干漏れている程度です。同じ部屋に他の人やペットが居ても光漏れを心配する必要はありません!

フラッシュライト脱毛器は強い光が出るため、目の保護の為のサングラスが付属している場合があります。自分の目に保護が必要であるなら、当然近くに居る人の目の保護も必要。間接的に見ても害は無いとされている様ですが、音とは別の意味で周囲への配慮が必要ということになります。

私は眼鏡をしている為、眼鏡の上からサングラスをするためには、別途購入する必要があります。サングラスを必要としないというのはトリア購入の決め手の一つでした。

脱毛器選びのアドバイスをする女性

充電式ならではのメリットデメリット

トリアは充電式でコードレスです。処理する際に近くに電源が無くても可能、処理する位置によっていちいちコードを避ける煩わしさもありません!

ただ、充電しながらの処理は出来ませんので、電池が切れる度に充電する必要があります。

充電しておけば場所を問わず行えますが、事前に充電しておかないと処理が行えません。ふと思い立って今からやろう!と思っても出来ませんので、充電時間を踏まえた計画的な処理が必要です。

詳細はレポートにも記載しますが
約2時間の充電で約30分約700回の照射が可能です。

私の処理範囲では700回程度で片方の手の指先から腕、脇、肩周りまで、脚だと指から始まって太もも半分で終わります。
つまり両腕両足をやろうと思ったら充電8時間以上、処理2時間以上かかる計算になります。
私は数日に分けて少しずつやるつもりで始めていますが、1日で一気に終わらせたい方には不便な点だと思います。

トリアは照射可能範囲が狭い

一回の照射範囲はとても狭いです。

レンズが約1㎝、照射の度にレンズの半分程度約5㎜ずらしながら行います。

レベルによって照射回数や照射間隔が異なると思われますが、約30分間700回照射し続けるのが億劫になる方もいらっしゃるかも知れません。

ですが、レベル5の場合約4秒で次の照射が可能です。待ちの時間が少ないのでストレス無く行え、リズムさえ掴んでしまえばスムーズに終わったと感じることが出来ます。
(*照射間隔はレベルや室温にも左右されます)

毛が多い初期の段階で全身を行うのは大変に感じますが、行いたい箇所だけであればあっという間です。

また、指などの細い箇所や関節付近など面では照射し難い場所にも当て易く、当ててはいけないホクロやシミなどを簡単に避けながら行うことが出来るなど、範囲が狭いからこそ小回りがきき、ピンポイントでの照射には向いています。

照射を面で行うフラッシュライト脱毛の場合は範囲が広いが故に、既に脱毛が済んで照射の必要の無い場所にも光が当たってしまいますので、その分肌に刺激を与え続けているとも言えます。また、当ててはいけないホクロやシミにはテープ等で事前にカバーしておく必要があります。

トリアは重いって噂は本当?

購入前に調べていた際、重くて持っていられないという意見が散見されました。どれほど重いのでしょうか?

重さは約584g、片手で持ち続けるのに軽いか重いかで言えば、軽くは無いです。

照射部分のみを持てば良い様にデザインされたコンパクトな脱毛器に比べたら断然重いでしょう。重いものを持ち慣れない女性の腕では辛いという意見も頷けます。

ですが、使い方次第で本体の重さは大した問題では無いというのが私の感想です。

どういうことかというと、手で握りしめ、手首の力で一生懸命機器の重さを支える必要は無いのです。
要は手で持とうとするのでは無く、重さは照射箇所に預け、手は支え照射範囲をずらしていくだけ、それが可能な姿勢で行えば、手首や腕の負担はそれほど大きくありません。
二の腕や肩付近、太もも裏、背中など回り込ませないといけない箇所では、疲れる局面もありますが、持ち手は手に馴染むフォルムなので持ちやすいですし、ハンマー型なので回り込むような位置でも処理を行いやすく、重さも照射箇所に預けやすいです。

私自身は重さ故にトリア=レーザー脱毛機器を選ばないという程の重量では無いと感じました。
むしろ二の腕を鍛えるつもりで行えばなんてこと無いとさえ思いますw

ただ、手首を腱鞘炎で痛めている方等には辛いと思いますのでご注意下さいね。

脱毛器選びのアドバイスをする女性

レベル毎の私の痛みの感じ方

トリアのレベルは5段階
レベル1 当たった?という感じ
レベル2 暖かいかな?
レベル3 ほのかに暖かい
レベル4 熱を感じ、たまにチリチリとした痛みを感じる
レベル5 熱をはっきり感じ体内が熱くなるのが分かる。指先など一部の箇所ではバチッと弾かれる様な痛みが一瞬走る

レベル5の様なバチッとした痛みが700回続いたら疲労するだろうなとは感じるものの耐えられない程では有りません。
とは言え、私の肌はカミソリ負けし易く、脱毛テープやクリームなどでは赤くなってしまうので、いきなり高いレベルで行って炎症を起こすのは避けたいと思い、1回目は3でしばらく試した後、全体を4で行うことに。2回目以降はレベル5で行っています。

肌の色と毛の濃さ、また痛みの感じ方によりかなり大きく異なる様です。
個人的には特に保冷剤などで冷やしながらやらなければ出来ない程ではありません。
ただ、初めてすぐの頃は肌が一時的に赤くなることはありました。
室温が高いと行っている間に体が火照り、若干汗ばむこともあります。

レーザー自体はメラニン色素に反応し黒い毛の組織を破壊するもので、表皮や周辺の細胞にダメージを与えるものではありませんが、高エネルギーの熱が毛根に集まって毛根を破戒する仕組みである以上、体内にそれだけの熱がこもるわけですから、多かれ少なかれその周辺にも影響はあります。
肌の負担を軽減する意味でも、いつでも冷やせるように保冷剤は傍らに置いておくと良いでしょう。

また、機器も蒸し暑い環境下にあると照射スピードが鈍くなるなどパフォーマンスが落ちる傾向にあります。涼しい環境で行う方が体にとっても機器にとっても快適と言えそうです。

いかがでしたでしょうか?ここまでは、私が家庭用レーザー脱毛器トリアを購入するに至った経緯や、購入の際に気になったポイントをお伝えしました。次回からはいよいよ使用レポートです!お楽しみに!トリア実体験レポート1回目~6回目を見る▶

脱毛器選びのアドバイスをする女性