脱毛サロンは効果なし?失敗談と誤った認識に注意!

テレビCMで美容サロンや医療クリニックの脱毛広告を目にすることもある人も多いと思います。実際に口コミを見て…効果が薄い。効果がないと感じる人。自分自身で脱毛をやって、大きな失敗を経験された方も多いのも事実です。実際の失敗談を元に(情報提供ユーザー様から)どういったことに注意が必要なのかご紹介していきます。

大きな勘違いの一つ。脱毛サロンやクリニックにいってもすぐに効果はない

お店に行くと自分でやるよりは素晴らしい!と期待度が大きくなってしまうものです。無料診断などもやっているところがあって説明を受けて初めてわかることなのですが、一回ではどうにもなりません。毎月通い、本当に個人差が影響するのですが長期的に考えると永久脱毛など完璧になくすということは、半年から1年近くは必要になります。人によってはもっとかかることも。

これは毛周期(毛の生え変わる期間)というものが関連しているため、毛が薄くなるのを実感する人も確かに多いですが、完璧に目立たたなくなることは時間がかかります。

一般的に施術自体は毛根(ムダ毛の元)にダメージを与えて、これが抜け落ちるタイミング(肌の深層部だと表面に出てきて抜け落ちるまで、毛周期として実感しにくい)によっては全く効果を感じない期間も確かにあります。

お店選びが重要なカギ。痛いか痛くないかもポイントに

よく脱毛の失敗談としてあげられるのが「痛すぎてやめてしまった…」という声も多くあります。何より継続することが効果を感じるためにどうしても必要となってしまうので、口コミを参照したり、レーザー式の医療クリニック(比較的痛いというユーザーさんが多い。医療資格が必要)よりも、効果はゆっくりでも美容クリニック(フラッシュ式。医療資格は必要のない施術)の方が痛みを感じない人が圧倒的に多いので、効果を優先するか。継続できることを優先するかで選ぶのもポイントの一つです。

自分にあった脱毛で継続をすることが大切

実際、通っていたユーザーさん(情報提供者)の方は口コミなどを全く見ず、効果が出そうとお店に通ってしまって…痛すぎてやめてしまったそうです。人よりやや敏感肌というのもあったみたいです。実際、3回ぐらいは我慢して通って、たしかに薄くなったことは実感できたみたいですが、通わなくなったことで元に戻ってきているとのお声があります。

辞めてしまうことで、限られたお金と時間が無駄になってしまいます。継続して自分に合ったお店を選ぶ。ここは非常に大切になります。