脱毛サロンの解約時の返金ルールと手続き方法まとめ

脱毛サロンで全身脱毛コースを契約すると、自己処理をしなくて良いくらいツルスベになるには一般的に18回以上脱毛の照射をしてもらう必要があり、合計20~30万円近くかかることになります。

実際、20~30万円の契約をするとなった時に心配になるのが「もし途中で解約したくなったら、お金は返ってくるの?」という点ではないでしょうか。引っ越しや転勤で物理的に通えなくなることもあるでしょうし、脱毛サロンに通ってみたら相性があわなくて辞めたくなったなんてことも少なからず有ります。そんな時、まだ脱毛を数回しかしていないのに、お金が戻ってこないのは嫌ですよね。

脱毛サロンによって、途中解約の際のルールや返金額は異なります。後で後悔しない為にも、契約前にしっかりチェックして、不安がない状態で脱毛サロン通いをすることをおすすめします。ということで、このページでは脱毛サロンの途中解約のルール、返金額、手続方法などをお伝えします。

目次

  1. 脱毛サロンで契約した後に解約する場合、返金される?
  2. 脱毛サロン毎の返金ルール
  3. 解約手数料以外にも費用発生!?途中解約の注意点
  4. 脱毛サロン途中解約の手続き方法
  5. 解約後は乗り換え割を活用しましょう
  6. まとめ

脱毛サロンで契約した後に解約する場合、返金される?

脱毛サロンで契約した後でも、ある条件下においてなら、どんな理由でも解約でき、全額返金してもらえることが可能です。それが「クーリングオフ」です。

契約後8日以内ならクーリングオフが可能

「クーリングオフ」という言葉、みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?「クーリングオフ」は国の制度で、脱毛サロンの場合「契約金額が5万円を超え、かつ契約期間が1ヶ月を超えるもの」でかつ「契約書面を受け取った日を含めて8日以内」かつ「施術を1度も受けていない」場合のみ適用されます。クーリングオフについての手続き方法などの詳しい情報はこちらを参照下さい。

ただ、多くの場合は何度か施術を受けた後に「解約したい」という気持ちになるパターンです。この場合、既に契約後8日は経過していますし、実際に施術も受けていたらクーリングオフは適用されません。その為全額返金は難しいです。ですが、大抵のサロンはいくらか返金はしてもらえます。いくら位戻ってくるのか見てみましょう。

途中解約の返金額について

途中解約時の返金額の計算方法は、一般的には、消化していない残りの回数分の料金の10%(上限2万円)を解約手数料として取られ、その手数料を差し引いた額が返金額となります。計算式にすると下記の通りです。

返金額=契約料金-施術済の料金-手数料(消化していない残りの回数分の料金の10%)

返金額の計算式は分かりましたね!では、実際30万円の契約をした場合どうなるのか、施術済の回数別で計算して確認してみましょう。

脱毛サロンの客

脱毛施術0回の場合の解約

まずは、契約後8日は過ぎてしまったものの、一度も施術をしていない時に解約する場合です。

施術済の料金 0円
手数料 20,000円(法律上の上限)
返金額 300,000円-20,000円=280,000円

脱毛施術3回受けたの場合の解約

続いて、契約後に脱毛の施術を3回受けた後に解約したくなった場合です。1回の施術料金を2万円と仮定します。

施術済の料金 20,000円×3=60,000円
手数料 (30万円-6万円)×0.1=24,000円>2万円の為、手数料は2万円
返金額 300,000円-60,000円-20,000円=220,000円

脱毛施術6回受けたの場合の解約

続いて、契約後に脱毛の施術を6回受けた後に解約したくなった場合です。1回の施術料金を2万円と仮定します。

施術済の料金 20,000円×6=120,000円
手数料 (30万円-12万円)×0.1=18,000円<2万円の為、手数料は18,000円
返金額 300,000円-120,000円-18,000円=162,000円
脱毛サロン選びで困っている女性

基本的には、上記の様に未消化分の料金は返金されますが、脱毛サロンによっては有効期限があったり、手数料の他に違約金が発生する場合もあります。契約書面には必ず解約についての記載があるので、事前にしっかり確認をしましょう。とは言え、できればカウンセリングに店舗に行く前に知っておきたいですよね。当サイトで、調べた情報をまとめましたよ。

脱毛サロン毎の返金ルール

一般的に多くの脱毛サロンが、先ほどの残金-手数料10%で計算可能ですが、例外があったり、有効期限があるお店もありますので、脱毛サロン毎に調べました!

サロン名 手数料 返金期限
キレイモ 残金の10%(最大2万円) 5年間18回まで
ミュゼプラチナム 手数料なし 施術してから2年以内
銀座カラー 3ヵ月間全額返金保証
以降は残金の10%(最大2万円)
有り(コースにより異なる)
脱毛ラボ 残金の10%(最大2万円) 有り(コースにより異なる)
シースリー 残金の10%(最大2万円) 返金されるのは施術3回まで
ストラッシュ 残金の10%(最大2万円) 有り(コースにより異なる)
恋肌 残金の10%(最大2万円) 有り(コースにより異なる)
ラココ 残金の10%(最大2万円) 有り(コースにより異なる)

こうして表で見比べてみると、ミュゼは解約手数料金がなくて良いですね!また銀座カラーは、どんな理由でも無条件で契約後3ヵ月間なら全額返金保証してくれます。実際に一度通ってみないと良いか悪いか分からないから不安という方には、こういった保証があるサロンをおすすめします。

脱毛サロンの客

解約手数料以外にも費用発生!?途中解約の注意点

脱毛サロンからの返金額は上記の通りですが、実は解約手数料以外にも費用が発生して、実際の返金額はもっと少なる場合があります。

銀行振込手数料はお客様負担

ほとんどの場合、解約手続き後に脱毛サロンからあなたの指定の銀行口座に、残金が返金されますが、その時の振込手数料はお客様負担としています。数百円ですが、マイナスになりますね。

ローンを組んでいる場合

さらに、信販会社でローンを組んで支払いを行っている場合は、そのローンの支払いをストップしてもらう必要があり、信販会社にも別途手数料や違約金を支払う必要も出てきます。多くの場合、脱毛サロンの契約時にサロンから指定のローン会社と契約を結びますが、脱毛サロンとローン会社は別会社。ローン会社の途中解約の場合のルールもしっかり確認する必要があります。

途中解約の手続き方法

脱毛サロンの契約を解約する場合は、もちろん手続きが必要です。店頭に行って、所定の書類にサインをする必要があります。サロンによっては電話をしたら書類を自宅に送って、送り返せばOKのところもあります。

サロン名 解約手続き
キレイモ 来店またはコールセンター
ミュゼプラチナム 来店
銀座カラー 来店
脱毛ラボ 来店またはコールセンター
シースリー コールセンター
ストラッシュ 来店
恋肌 来店またはコールセンター
ラココ 来店またはコールセンター

解約手続きで来店する場合、スムーズに手続きが済むように事前に連絡を入れておくことをおすすめします。

脱毛サロンの客

解約後は乗り換え割を活用しましょう

脱毛サロンを途中解約する場合、返金はしてもらえますが、保証期限が契約コースによって異なり、過ぎてしまうと返金してもらえない場合もあります。しっかり確認した上で契約をしたいですね。何より解約しないで済むのがベストです。とは言え、今通っているサロンがどうしても嫌で変えたい場合、「乗り換え割」を活用して次の脱毛サロンでお得に脱毛しちゃいましょう。最近では2万円~6万円くらいまで乗り換え割で割り引いてくれるサロンもあります。これなら解約手数料分以上取り戻せそうですよね!割引を受ける為には前のサロンの会員証が必須。間違っても捨ててしまわない様に気を付けて下さいね!

乗り換え割がお得なサロン

銀座カラー

銀座カラーならなんとのりかえ割で最大60,000円OFFになります!3ヵ月全額返金保証もありますし、銀座カラーは部分脱毛のプランも豊富なので、一部だけ他の脱毛サロンで脱毛済の方におおすすめですよ!

恋肌

恋肌はのりかえ割で最大50,000円OFFです。全身脱毛をしっかりやり直したい方には、恋肌の回数パックがおすすめ!

ストラッシュ

今までの脱毛方法で満足いかなかった方へおすすめなのが、新理論の脱毛方式SHR脱毛を行ているストラッシュ。なんとリベンジ割で最大11万円OFFですよ!

まとめ

途中解約をした場合の返金ルールは脱毛サロンによってそれぞれですね。「もう行きたくない」のに解約手続きをいつまでも先延ばしにしていると、返金保証期間を過ぎてしまう場合があります。解約が頭をよぎったら、なるベく早めの決断をすることをおすすめします。